ワインの名は・・・

ボジョレヌーヴォ 去年ふたりで行った解禁日 グラスワインで 何種類か私の好み選んでくれたあと これじゃきりがない と苦笑いしながら 君のお薦めボトル1本 かぁるく二人で開けてしまったね あれから 何度も ワイン連れてってもらったね 私の好みの味は君のが知っていて …
コメント:1

続きを読むread more

呪縛

ごめんね いつもこんなわたしを 気に掛けてくれて 毎日言葉を掛けてくれるのに 天邪鬼だよね わたし 昔ね 何気ない言葉で傷ついて その言葉が 今でもトラウマになっていて 人は絶対裏切るから 親しくならないほうがいいって 親しくなればなるほど バリアーを張…
コメント:2

続きを読むread more

日付変更線

キャンドルが ゆらゆら揺れるカウンター席 日付変更線とともに バーテンさんが差し出してくれた バースディーケーキ 似合わないあんたからの バースディープレゼント 粋なはからいに 三人して吹き出して まぁるいケーキ切り分けて 「ケーキとウォッカカクテルなんて …
コメント:2

続きを読むread more

一番恐いもの

ねえ~ あなた 恐いものってある? 私は私自身が 一番恐いかなぁ~ だって誰よりも 自分を上手く 操れないもの 喜怒哀楽 隠せないもの 自分の気持ちもて余すもの 押し寄せる感情の波 上手く流せないもの だから私は 私の感情が一番恐い
コメント:4

続きを読むread more

秘め事は・・・

     いいことも      悪いことも      すべて飲み込み      この胸の中      言わない      言えない      聞かない      聞けない        熱い想いは            秘めたるままに      今もこの胸の中 …
コメント:4

続きを読むread more

寂しさふたつ

寂しさは 見えないもの 心が感じるもの 寂しがりや同士 肩寄せあっても あなたの寂しさは あなただけのもの 私の寂しさは 私だけのもの この寂しさは 埋められない   足して2で割っても わけあうことできない ゼロにはならない 寂しさふたつ
コメント:5

続きを読むread more

いつの間に・・・

   着信とともに    光るイルミネーション    今君は    電車に揺られながら    帰宅途中のこの時間が    メールの習慣になってしまったね    他愛ない何度かのやり取りの後    「おやすみ」    の文字で一日を締めくくる    いつの間にか    日課に…
コメント:4

続きを読むread more

あと少し・・・

    あと 少し     もう 少し     わたしが     わたしに戻るまで     あと 少し     もう 少し     記憶の     哀しみ 塗り替えるまで     あと 少し     もう 少し     心に     明るさ 取り戻すまで     あと 少し   …
コメント:4

続きを読むread more

まったくぅ・・・

   流れに逆らっても    疲れるだけだよ    どうにもならないこと    もがいても    あがいても    仕方のないこと    割り切って切捨てること    きみの悪いところは    くだらないこと    なんでもかんでも抱え込むこと    ため息まじりに言わなくたって    そんなことわ…
コメント:8

続きを読むread more

色褪せていつしか・・・

   あなたの写真    細かく切り裂いて    灰皿の中で燃やす    ゆらゆらゆらゆら    見つめる瞳の中の    小さな炎         目に残る想い出はいらない    想い出は    心の中だけにあればいい    色褪せていつしか    薄れてゆくほうがいい …
コメント:10

続きを読むread more

言葉の重み

       言いかけた 言葉        飲み込んだ 言葉        書きかけた 言葉              言葉の重みに        何度も迷ったあげく        言葉の壁に        阻まれたまま        言葉で        伝えることをやめた日 …
コメント:6

続きを読むread more

思い続ければ・・・

     思い続ければ      願いは叶う・・・・      なんて根拠のない言葉       思い続ければ       あの頃の夢の続き       あなたと見れますか?       思い続ければ       人の気持ち変えられますか?       思い続ければ        …
コメント:2

続きを読むread more

流れのまま

              悩んでも         どうせ答えの出せないふたりなら             月日の流れるまま               何も考えず         なりゆきにまかせるのがいいのかも                          
コメント:4

続きを読むread more

言葉の織りなすもの

    言葉に隠れてる  笑顔     言葉で感じる   暖かさ     言葉に溢れる   優しさ     言葉で伝わる   思いやり     言葉で癒される  やすらぎ          言葉で傷つくこともあるけれど     それでも     言葉が織りなす楽しいひととき     …
コメント:4

続きを読むread more

作り笑い

     今日のあなたは      どこか冷めてるね      鏡の中の顔に      作り笑いをしてみても      上手く笑顔が作れない      引きつった笑顔が      ゆがんだ泣き笑い      こんな日もあるさ      こんな日もあるよ      自分に言い聞かせ…
コメント:6

続きを読むread more

心模様

      昨日の私 今日の私       喜怒哀楽 気分次第       日に日に変る 心模様       さっきの私 今の私       泣き笑い 苦笑い 愛想笑い       ころころ変る 心模様       曇りのち雨       晴れまたは強風       自分で…
コメント:4

続きを読むread more

だから・・・

     心が歪んでいるから      すぐ人を妬んでしまうんだ      心が捻くれてるから      すぐひがんでしまうんだ      心が狭いから      すぐ人を疑ってしまうんだ      心がくすんでるから      人を信じることができないんだ      心が貧しいから …
コメント:6

続きを読むread more

言い訳も嘘も・・・

言い訳や 嘘は嫌いです 言い訳するなら   言葉たくみに怪しませず   上手く誤魔化して 嘘をつくなら   何があっても分からぬように   隠しとおしていて あなたの言い訳や嘘は   いつも肝心なところで   頭隠して尻隠さず ボロがでる 言い訳も嘘も最後まで   気付かせぬよう 悟らせぬよ…
コメント:8

続きを読むread more

ポエム紹介

「きみの ね」 のポエムの コメントに 素敵なポエムを載せてくれました          『魔法』        何気ないキミの仕草にドキドキする        その仕草がたまらなく好きになり        好きになると忘れられない        何気ないキミの言葉にワクワクする      …
コメント:4

続きを読むread more

きみの ね

       きみの ね        少し前かがみになって        目を覗き込むような顔が          たまらなく好きだったんだ        そのおどけた表情が        とても好きだったんだ        きみは冗談でしょ        と笑ったけど      …
コメント:6

続きを読むread more

時間を巻き戻して

              静けさの中               流れるメロディー               耳を傾け               瞳をとじて               心のままに               時間を巻き戻す               走馬灯のように …
コメント:4

続きを読むread more

まだ・・・

     言葉が思いつかないから      言葉が役に立たないから      ただ黙って星を見ていた      いくつもの季節の中      私の言葉は      どれほどあなたに      伝わっていたのだろう      思いはどれだけ      届いていたのだろう    …
コメント:4

続きを読むread more

きっといつか・・・

行く年来る年 出会いも別れも 喜びも悲しみも いくつも積み重ね 「思い出」 という 引き出しを増やしながら 過去を振り返らず 「きっといいことがあるさ」 と つぶやきながら 一歩一歩 きっといつかいいことが・・・と 前向きに踏み出すだけ        
コメント:4

続きを読むread more

(-.-)y-~~~ ひとりごと

今年も残すところあとわずか・・・ 出会いと別れ そしてまた出会いと・・・ ひとは生きているうちにどのくらいの人と出会うのかな 毎年 暮れになって思うのは 来年こそいい年になりますように・・・ きっと その年にはその年なりにいいことはあったはずなのに そのことは忘れてしまい 来年こそ・・・と期待?するもんなんだ…
コメント:4

続きを読むread more

冷たい風

   秋風が    木枯らしに変るころ    ふたりの間に吹いた    すきま風    繋いだ手と手のぬくもりさえ    心の距離は埋められないまま    心に冷たい風だけが吹く          
コメント:4

続きを読むread more

2度目のクリスマス

   あなたのいない     2度目のクリスマス    空の上から見ていますか?    街のイルミーションがきれいでしょ?    今年は雪が降るかしらね?    あの日の    果たせなかった約束を愚痴りながら    あなたの好きだったアーリータイムスで    ひっそり乾杯しま…
コメント:4

続きを読むread more

星と三日月

       三日月のブランコに        ちょこんと腰掛けてる        星ひとつ        三日月は あなた        三日月のブランコに揺られながら        綴るメモリー 愛の詩        暗雲の闇に愛を見失わないよう        大粒の雷雨に愛が流…
コメント:8

続きを読むread more

眠れぬ夜

寂しさ抱いて 眠れぬ夜がありますか? 悲しみ引きずって 朝を迎えたことがありますか? 忘れられない思い出に 酔いつぶれたことがありますか? 忘れられない面影に 枕濡らしたことがありますか? あなたは  胸焦がすほど 人を好きになったことがありますか? 恋こがれたことがあ…
コメント:4

続きを読むread more

この手に

逃げないで 逃げないで そんなに深い 心の奥底 光も届かない 僕には君の姿が みつけられないよ 出ておいで 出ておいで 背中まるめて 膝小僧抱えて ひとり震えていても 僕には君の声が 届かないよ 差し出した この手に捕まって そこから出ておいで 君がここにいないと 暖めてあげることだっ…
コメント:4

続きを読むread more

言葉のエッセンス

      あなたに        送りたい言葉の中に       甘い 甘い        バニラエッセンスを 一滴       「好きです」       の文字に振り掛け       あなたへ       そっと届けましょ        あなたが       甘い香りに 酔っ…
コメント:6

続きを読むread more

アイコンタクト

       賑わうテーブル     人と人との隙間越し     目があった瞬間     絡み合う視線          たった数秒の     ふたりだけの     アイコンタクト     恋に落ちた瞬間             「アイコンタクト」   …
コメント:4

続きを読むread more

方向音痴な心

    まわりみち     とおまわり     まよいみち       からまわり          いつまでたっても          あなたへと     たどりつけない     ほうこうおんちな     このこころ     
コメント:4

続きを読むread more

ボタンの掛け違え

喧嘩をしたわけでもなく コミュニケーション取れないまま 意思疎通ができなくなったまま いつのまにか 途切れたメール お互い相手から来るのを待ち続けるだけの 他愛ない意地の張り合い ほんのちょっとのボタンの掛け違いが いつしか一日一日と時を重ね 二度と交わる接点のないふたりに …
コメント:6

続きを読むread more

涙 心色 

涙が映しだす 心の色は 深い 深い 悲しみの色 碧い 碧い 海の色   涙が映し出す 心の色は 燃える 燃える 情熱の色 紅い 紅い 夕焼けの色 涙が移しだす 心の色は 淡い 淡い ためいきの色 白い 白い 雪の色 涙が映し出す 心の色は 愛しい 愛しい 夢の色   …
コメント:7

続きを読むread more

懐かしい響き

     特徴のある    ぶっきらぼうな切捨て語尾    今でも思い出す    懐かしい君の口調    薄暗いカウンター  揺れるキャンドル    ウォッカ バーボン カクテル     切っても切れない  君とのアイテム            あれからどのくらい      月日がた…
コメント:6

続きを読むread more

優先順位

ひとそれぞれ 優先順位ってあるんだよね 誰が一番大事かなんて 比較したり決めたり出来ないけど その時どき その場所 自然に優先順位はついてくる あなたにとって私は いつでも素通り 後回し SOSさえ気付いてくれない 気にしないふり 見ないふり いつしか我慢から諦めを覚え わたしの中での優先順位が…
コメント:4

続きを読むread more

お気に入りの歌シリーズ

浜田 省吾    もうひとつの土曜日    昨夜眠れずに泣いていたんだろう    彼からの電話待ち続けて    テーブルの向こうで君は笑うけど    瞳ふちどる悲しみの影    息がつまる程 人並みに押されて    夕暮れ電車でアパートへ帰る    ただ週末の僅かな彼との時を    つなぎ合わせて君…
コメント:4

続きを読むread more

ポエム紹介

   marimonポエムの悪影響で    ポエムに興味を持ってくれたマイミクさん    ひらがなシリーズのポエムが出来たと 嬉しいメッセ。    記念すべき 初ポエム 紹介しちゃいま~す♪       きみといると       きもちがしずかにないでゆく       このなみうちぎわからみるなみと …
コメント:7

続きを読むread more

セピア色のためいき

     琥珀色の      グラスの中      悲しみを       1滴落として      寂しさとかき混ぜる            きらきら ゆらゆら       ゆらめく氷の      イルミネーション      せつなさという名の      セピア色のためいき  …
コメント:4

続きを読むread more

フェードアウト

    見て見ぬふり     知ってて知らぬふり     気付かぬふり     出来ないから     何も言わず     何も聞かず     このまま静かに     あなたの前から     フェードアウト
コメント:6

続きを読むread more

依存症候群

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・           「診断書」    病   名 :    メール依存症候群      症   状 :    禁断症状有      治療方法 :    ストレスの発散    処 方 箋 :    心のビタミン剤    用 …
コメント:4

続きを読むread more